転職 2018.02.14

非常勤勤務を今後のキャリアに役立てる方法とは?

非常勤勤務を今後のキャリアに役立てる方法とは?

これまで医師にとっての非常勤勤務の位置づけは、「空いた時間を有効に使って、収入を増やしていくための手段」という考え方が一般的でした。しかし最近では、非常勤勤務で得られるさまざまな経験を、今後のキャリアへ役立てていこうと考える医師も増えてきています。 非常勤勤務での経験は、今後のキャリアに具体的にどのように役立てることができるのでしょうか。 そこで今回は、非常勤勤務の経験が将来のキャリアにとってどのようなメリットや影響があるのかを詳しく解説していきます。キャリアアップを考える方は、ぜひ今後の参考にしてみてください。

非常勤勤務で得られるのは収入だけじゃない

非常勤勤務では、決まった病院に常駐する常勤医師とは違い、働く時間や病院を自由に選択することができます。常駐勤務医師のように決まった病院、時間で勤務するような雇用形態ではなく、自分の本来の勤務とのバランス、収入とのバランスを考えて自由に勤務スケジュールを組むことができます。

これまでにも常勤勤務の病院で仕事する以外の空いた時間を、非常勤勤務として他の病院で 働く医師は多数いました。その場合、アルバイト的に「収入を増やしたい」という理由がほとんどで、業務内容やスキル面を重視するよりも、給与面と働きやすさを重視して病院選びをする傾向にありました。

しかし、最近では働き方よりも、医師としての将来を考え、自分の医療技術や知識の習得に重きを置いて環境を選ぶ医師が増えてきました。今、非常勤勤務は単なるアルバイトではなく、自身のキャリアアップを図るための1つの方法へと変化してきているのです。 このように、非常勤勤務で働くことは、単に自由な働き方ができるだけでなく、得られるものがとても多いのです。

非常勤勤務の経験によるメリットとは?

非常勤医師は得られるものが多いと前述しましたが、実際にはどのような経験が得られるのでしょうか。いくつか具体的なメリットをご紹介します。

医師としてスキルアップできる

一番大きなメリットが、医師としてスキルアップできることです。非常勤勤務であれば、ひとつの病院に限らずさまざまな病院でいろんな現場を経験することができるため、自身のスキルアップにつながります。 病院によって、患者さんへの治療方針や考え方にも違いがあるので、スキル以外にもさまざまな知識を学ぶことができ、いろんなケースに対応できるスキルも身につきます。 非常勤医師として多くの症例を経験し、さまざまな考え方に触れることは、結果的に常勤する病院でも活かせることが多くあるはずです。 キャリアアップを目指すのであれば、スキルアップは必要不可欠です。非常勤医師として働く中で習得できるスキルは、医師としての自信を得られるだけでなく、キャリアアップの際の大きな強みにもなるのです。

新しい症例にチャレンジすることができる

大学病院などでは、先輩医師の数が多いと自分が担当したい症例があっても、なかなか機会が回ってこないことも多いものです。そのため専門的な知識を身につける環境があっても、経験を積むのに時間がかかったり、ある一定分野だけに限定されてしまうこともあり、幅広い経験を得ることが難しい場合があります。

特に専門分野に関しては、自分の希望する分野と常勤勤務の病院で力を入れている分野が違っていた場合、新しくチャレンジしたくてもその経験が積めないこともあります。 そういう環境であっても非常勤勤務で経験を得られれば、わざわざ辞めて転職する必要もないのです。非常勤勤務での経験は、将来のキャリアを考える際に必ず役に立ちます。

キャリア形成以外のメリットも

非常勤勤務で働くことは、キャリア形成以外にもさまざまなメリットがあります。

収入を増やすことができる

多くの医師は、常勤勤務と合わせて非常勤でも働くことで収入を増やしています。 医師は高収入の職業だと言われていますが、2年間の研修医生活が終わってそこから数年間の間は、常勤勤務で働いたとしても余裕のある給与がもらえるとも限りません。 非常勤医師の場合は日給制と時給制に別れますが、時給の相場はだいたい1時間1万円前後、日給は病院や勤務地などにも左右されますが8万円前後と言われています。将来的に開業したいと考える医師も、開業資金を貯めるために非常勤勤務で増やそうという医師も多いようです。

プライベートを優先した働き方が実現できる

医師の仕事は日々多忙を極めており、昼夜問わず勤務する人も少なくありません。そうなると当然、家庭などプライベートを重視した生活は難しくなります。 しかし、非常勤勤務では、働く時間や場所を自由に選択することができます。

勤務日を調整したり、あるいは午前中のみ、夕方までなど時間までなどといった働き方も、非常勤勤務ならではの自由な働き方だと言えます。 特に女性の場合は結婚や出産を機に、今のワークライフバランスを見つめ直す機会がやってきます。育児や家庭を優先することを考えた際に、バランスを考えた自由度の高い働き方が実現可能なのです。

人脈形成ができる

常勤勤務している病院以外の環境で働くことで、さまざまな人と出会い、人脈形成をすることができます。また働く環境が変わることで当然病院や医師の方針も違ってくるので、新しい考え方を吸収することにもつながります。 非常勤医師として出会う他の医師との関係は、常勤している病院では得られない情報をキャッチすることができるため、スキルアップを考える、いいきっかけにもなるのです。

非常勤勤務の経験をキャリアに役立てる方法とは?

これまでご紹介した非常勤勤務のメリットをさらに活かし、キャリアに役立てるにはどんな方法があるのでしょうか。いくつかご紹介していきます。

専門医の資格取得を目指す

非常勤勤務としてさまざまな病院で働くことで、実現できることの1つが専門医の資格取得です。専門医の資格は、医師としてキャリアアップや開業を希望する人なら、必ずとっておきたい資格です。 基本的には常勤勤務で働く病院で資格取得を目指していくかと思います。また、最近では資格取得に対して病院が積極的に手伝ってくれる事も多いです。ただ、もしも常勤勤務で働く病院が専門分野に対応していない環境である場合、働きながら資格取得を目指すことが難しくなります。

また、対応している病院であったとしても、病院の状況によっては同じ症例しか担当することができないことや、担当が回ってこないケースもあるかもしれません。 そのような場合、非常勤勤務で勤務する病院を選ぶことによって、1つの分野だけでなく、幅広い知識やスキルを身につけることができるので、常勤している病院では未経験の専門分野やスキルを、現場経験と共に習得することができることもあります。 その結果、専門医の資格取得を目指そうと考えた際に、非常勤で積んだ経験が活きてくることがあります。

開業医として独立する

非常勤勤務の現場で得た知識やスキルは、独立開業という形のキャリアアップでも活かすことができます。 前項の専門医の取得と同じように、常勤医師として勤務する病院が、独立開業するために必要な知識や現場経験を積むことができない環境だと、キャリアアップを実現するのは難しいこともあるでしょう。

しかし、非常勤勤務の経験を活かすことで、開業するための知識やスキルを向上させることができたり、開業資金の用意や人脈形成などの必要な準備を整えることが可能になることもあります。 非常勤医師の経験は、独立開業というキャリアアップの選択にもつながると言えます。

転職してキャリアアップにも役立つ

そしてもう1つ役立つのが、転職によるキャリアアップを考える場合です。 非常勤勤務医師であれば未経験の分野にもチャレンジすることができます。転職の際は専門医の資格なども有利ですが、転職する病院で対応している診療分野の経験をどれだけ積んでいるかについても重要視されます。 非常勤勤務でさまざまな現場を経験している医師ほど、キャリアアップのために転職する際に大きなアピールポイントとなるのです。

非常勤勤務の経験は今後を見据えた選択が重要

非常勤勤務の経験をこれからのキャリアにどう役立てるかについてお話してきました。さまざまな方法やメリットをご紹介しましたが、ただ非常勤として経験が積める病院を探すだけでは意味がありません。 医師としての今後を見据えた際に、「どんな知識やスキルが必要なのか」また「そのためには非常勤勤務する病院としてどのような病院を選択することがベストなのか」をしっかり考える必要があります。 非常勤勤務を今後のキャリアに役立てたいと考える人は、まずは自分の将来について考えることから始めて、ベストな方法、実現できる病院を探していきましょう。