お役立ち 2018.06.06

面接時に確認しておいた方が良いことは?

面接時に確認しておいた方が良いことは?

人生の大きな転機となる転職ですが、転職先の職場で長く働きたいと考える医師がほとんどだと思います。長く働ける職場を見つけるためには、ご自身の希望と合っているかをしっかりと確認する必要がありますが、ミスマッチがないかを見極められる場として、「面接」は非常に重要となります。それでは、医師の転職において面接時に確認しておくべきことは、どんなことがあるのでしょうか?具体的にご説明していきます。

1:実際に任される症例について

ワークライフバランスを重視するための転職や、専門医取得などキャリアアップのための転職など、どういった目的のために転職するのかによって、職場環境や仕事内容にある程度の違いは出てきますが、自分が任される症例など細かい部分を確認しておくことはとても重要です。担当する症例について、求人票に詳細が書かれていることはほとんどないと言ってよいでしょう。

ワークライフバランスを重視し、実際に受け持つ症例を控えめにしたかったという場合でも、転職先で急な退職者が出たり、人出不足が慢性化していたりすると、激務になってしまう可能性もあります。内科としてのキャリアを高めたかったのに、人員が足りない小児科を担当させられてしまう、というようなケースだけは避けたいですよね。

担当する症例は、転職を決める大きな理由となります。求人票に書かれていることと異なる状態だと、それだけで長く勤めようという意欲が薄れてしまいかねません。そのため、医療機関の現体制について把握し、どんな症例を任される可能性が高いのかなどをしっかり確認する必要があります。

2:当直や残業時間など労働条件について

医師は激務となる職業です。また東京などの大都市を除き、全国的に医師不足の傾向があります。特に地方は深刻で、医師不足により連続の当直や長時間残業が常態化している地域もあるようです。「たくさん稼ぎたいので、当直や残業をどんどん任せてください!」という場合は問題ありませんが、ほとんどの人は、できれば激務となる環境は避けたいと考えるでしょう。

求人票などには「当直は月2回まで」「残業は考慮します」といった文言が書かれていても、実際の現場の忙しさや人員次第で、予定より多く頼まれてしまう場合もあるでしょう。実際、勤務し始めてみると人手不足で、頼まれる当直や残業を断り切れず、ついつい引き受けてしまって過重労働になってしまうという可能性も大いに考えられます。

人員が充足しているかどうかは流動的です。求人票を出した時点では、そこまで当直や残業が発生するはずではなかったのに、その後に急な退職などで、当直・残業をお願いせざるをえなくなったという場合もあります。面接の場でもよく確認しておいた方がよい項目でしょう。

3:気になることは積極的に聞きましょう

そのほか、気になることがあれば積極的に質問してみましょう。面接は医師と応募先の医療機関との相性を確認する場でもあります。積極性がない人よりもある人のほうが採用で優先されることも多いので、あまりにもネガティブな質問は控えたほうが良いですが、遠慮せずにどんどん聞いてみることをおすすめします。

例えば、

  • どのような薬を使っているのか
  • 医療機関内での人員体制はどうなっているのか
  • 自分が所属する診療科と、関係する科の協力体制はどうなっているか
  • 学会に行くときなどの診療体制などはどうなっているか

などです。積極的に質問をすることで、「この病院に採用されることを希望している」という印象を持ってもらえるため、事前に前向きな質問をいくつか用意しておきましょう。

4:聞きづらいことは自分で聞く必要はありません

積極的に聞いてみることが良いにしても、給与面や労働時間、担当症例など、直接聞きづらい質問もあります。そういった質問は必ずしも自分で質問をする必要はありません。人材紹介会社を利用して転職を行うならば、給与などの確認しづらい質問は人材紹介会社のコンサルタントを経由し、医療機関に聞いてもらうようにしましょう。聞きづらいことも遠慮なく聞けるほか、第三者を通すため言った・言わないの問題になりにくいこともメリットの一つです。

人材紹介会社のコンサルタントは、紹介先を定期的に訪問している場合、職場の最新状況を詳しく把握していることも多いため、ご自身で気になった質問について有益な情報を得られることもあります。面接前に確認したいことは、人材会社に相談してみるのがよいでしょう。

また、人材紹介会社では、採用側が面接時に重視する事項も把握していることが多いです。「こんな質問をすると面接官の受けが良い」などのアドバイスを選考の最中にもらうことができるため、採用を突破するための心強い味方となります。自分の理想的な条件がそろう医療機関を見つけられること自体、多くあるとは限りません。もしそういった理想的な職場が見つかったならば、確実に内定をもらえる可能性を少しでも高めるために、独力だけではなく、転職のプロである転職エージェントをしっかり活用することをおすすめします。

【常勤】求人検索はこちら 【非常勤】求人検索はこちら