転職 2018.07.19

定着率の低い職場とは?

定着率の低い職場とは?

医師は転職回数が多い職業です。厚生労働省が発表している「2017年賃金構造基本統計書」によると、医師は平均年齢が42.1歳なのに対して、平均勤続年数が5.3年となっています。一般労働者では、平均年齢が42.5歳なのに対して平均勤続年数が12.1年であるため、医師は転職を多く繰り返していることが読み取れるでしょう。医師が転職をしやすい職業であることも影響していますが、労働条件や職場の人間関係なども大きく影響しているのかもしれません。医師の職場への定着率はなぜあまりよくないのか、また定着率の低い職場とはどういったところなのかについて説明していきます。

医師の定着率を悪くする原因① 労働環境

医師の過重労働が社会問題になっているように、医師不足による労働環境の悪化は医師の定着率を悪くする一つの要因だと思われます。比較的医師数が充足している都市部の医療機関では、しっかりと労働時間が守られていることが多いですが、医師が不足している地方の医療機関では、どうしても医師一人ひとりの負担が大きくなりがちです。日中の勤務を務めた後に、そのまま当直となり次の日も・・・というのは決して珍しいケースではありません。

医師は社会貢献性の高い仕事であり、人を救うやりがいのある仕事です。しかし労働環境が悪く、過重労働により疲労やストレスが溜まると医師本人が心身を壊してしまいます。労働環境は長く仕事を続ける上で、非常に重要だと言えるでしょう。

都市部の病院や大学病院、国公立病院などは医師数が比較的充足しているため、労働環境が悪くなることは少ない傾向があります。しかし、前述した地方の病院や、心臓外科・産婦人科・麻酔科など難度の高い手術や訴訟リスクのある症例を担当する科目、また都市部であっても募集求人の条件で周囲の病院に負けてしまう小さい病院などでは、医師数が不足することで労働環境が悪くなってしまいがちです。

医師の定着率を悪くする原因② 収入

前述した通り、医師は多かれ少なかれ激務な職業です。同時に責任も大きく、ストレスを大きく感じやすい職業でもあります。労働時間や内容の割には収入が少なく感じる、ということは医師の中でもよく聞く話です。「自分の年収ははたして適正なのだろうか」という疑問は多くの医師が感じており、収入面での不満で転職を考えることも多いです。

収入は診療科や地域、医療機関の種類によっても大きく異なります。専門性の高い診療科や、医師が不足しやすい地方の医療機関では年収が高くなりやすいです。病院の種類では国公立の病院よりも、市民病院などのほうが年収は高い傾向にあります。ただし年収の高さと忙しさは比例している場合が多いので、その点には注意が必要です。

医師の定着率を悪くする原因③ 職場の人間関係

医師に限った話ではありませんが、職場の人間関係も定着率への影響が大きいです。雰囲気のよい医療機関ならば勤務が長く続きやすいですし、悪い医療機関ならば短期間で退職を決意してしまうこともあるでしょう。

医師は比較的、転職が不利になりづらい職業のため、短期間で前職を辞めてしまっているとしても、きちんとスキルがあれば問題なく転職を成功させることができます。「職場の人間関係でストレスが溜まるくらいなら辞めよう」という考えを持った医師も相当数いるため、人間関係や職場の雰囲気は定着率にダイレクトに関わってきます。

定着率の悪い職場を避けるには

以上のようなことが医療機関の定着率が悪くなる主な原因です。もちろんこれら3つだけではなく、その他の因も存在します。またどれか一つが原因になるのではなく、複合的に組み合わさって定着を妨げることもあるでしょう。では、定着率の悪い職場を避けるにはどのようにすればよいのでしょうか?

自分一人で医療機関の内情を把握することはとても大変です。一般企業ならば内情を口コミなどで知ることができますが、医療機関ではそのような口コミがあまりありません。実際に働いている人から聞くのが一番ですが、そのような伝手がないことの方が多いです。

定着率の悪い職場を避けるには、やはり多くの情報を持っている人材紹介会社のコンサルタントに頼るのが一番でしょう。「年収」「休日」「職場の雰囲気」など自分が重視する条件とともに、「なるべく長く働きたいこと」を伝えれば定着率のよい職場を提案してくれます。

職場における医師の定着率は、定着率がよい医療機関にとっては医師を募集するために積極的にアピールしたい項目ですが、定着率が悪い医療機関にとっては隠したい項目です。個人で転職先を見つける際にはなかなか見分けられない情報のため、なるべく長く一つの病院で働きたい場合は、定着率のよい職場を人材紹介会社に紹介してもらうこともおすすめします。人材紹介会社を経由して転職を行うと、収入や人間関係でなんらかの問題が生じたときに相談に乗ってくれることもメリットの一つです。

【常勤】求人検索はこちら 【非常勤】求人検索はこちら