転職 2018.12.12

医師が専門不問で転職する方法とは?

医師が専門不問で転職する方法とは?

医師の専門は診療科という形で複数に分かれており、内科・外科・小児科などといったメジャーなものから、麻酔科・病理科・放射線科といったマイナーな科目まで様々です。

医師のスキルは基本的に所属する診療科の専門を深めていく形になります。若いうちは転科をすることも可能です。それは伸びしろを評価されて、次の診療科でも十分にスキルを高めていくことができると判断されるからです。

しかしある程度歳を重ねるとそうも言ってはいられません。基本的に現在の診療科の高いスキルを要求され、転科は困難になります。それでもどうしても診療科を変えたいとき、専門が不問の診療科や病院、職場を選ぶのも一つの手段です。専門不問の医師の仕事にはどのようなものがあるのでしょうか?

1:美容クリニック

美容クリニックの求人は、20代から40歳くらいまで幅広い年齢で募集があります。美容クリニックでの仕事は、外科や皮膚科、麻酔科といった診療科の経験と相性がよく、美容自体が未経験でもこれらの診療科に在籍していた経験があるならば採用されやすいという特徴があります。どのような美容クリニックかにもよりますが、問診が中心の穏やかな労働環境もあれば、実際に切開などの施術を行うこともあります。

美容クリニックの求人の特徴は、自由診療であるため給与水準が極めて高いことです。未経験でも1800万円を超えることもあり、給与の高さから転職を決める医師も存在します。ただし自由診療であるため、保険診療をしていたころの環境と乖離があることもあります。思ったよりもガツガツとした職場だったため、元の診療科に戻る医師も多く存在します。

2:健康診断、コンタクト外来

健康診断やコンタクト外来は、スポット勤務でよく出てくる求人です。健康診断もコンタクト外来も、医師であれば軽い研修を受ければ行うことができます。健康診断やコンタクト外来をメインに扱う転職エージェントもあり、そういった会社では求人への応募数を増やすため研修を行っているところもあります。

スポットがメインですが、常勤医としての求人もあります。内科や眼科といった診療科に限定されず、また基本的にルーチンをこなすだけなので、心身の負担にはなりません。ただし給与水準自体はそこまで高くなく、スポットなら1日6万円から8万円程度が相場でしょう。

3:老健施設長の求人

介護老人保健施設は、医師が常勤で働いていることが開設の条件となります。そのため施設長としての求人が多く出ています。比較的ゆっくりと働くことができるため、50代後半から60代の医師に人気のある求人です。年収もそこまで低いわけではなく、1200万円から1500万円ほどが相場となっています。現在、日本は少子高齢化が進んでいるため、これから求人数は増えていくと考えられています。

4:病棟管理の求人

療養病院やケアミックス病院など病棟管理が必要な施設でも、常勤医としての求人が出てくることがあります。急変時の対応なども医師であれば基本的に行える業務がメインになるため、専門科目が不問の施設が多いです。比較的、勤務条件も柔軟に決めることができるため、週4日の勤務やオンコール無しなどの条件で働くこともできます。給与水準は地域にもよりますが、1000万円から1500万円程度が目安となります。こちらも身体的につらくないため、50代60代の医師に人気のある求人です。

5:矯正施設での求人

刑務所や少年鑑別所など矯正施設での求人も、基本的に専門が不問とされる求人です。こう見ると怖い職場のように思われますが、診療の際には刑務官が付き添うため安全性の心配はありません。最大の特徴は国家公務員待遇ということにあり、雇用が安定しているほか退職金や年金も国家公務員の規定に準ずることが特徴です。

【常勤】求人検索はこちら