よくあるご質問 -お仕事をお探しの方

キャリアカウンセリングについて

求職中に失業保険をもらう方法を教えてください。

お住まいの地域の管轄であるハローワークに「求職の申込」を行ってください。

失業保険(正式には雇用保険といいます)とは、雇用保険の被保険者だった方が、定年や倒産、自己都合等により離職し、失業中の生活を心配しないで、新しい仕事を探し、1日も早く再就職するのを支援するために支給されるものです。

受給するには、雇用保険に加入していた期間が一定期間以上必要となります。

原則として、自己都合退職の場合は12ヶ月分以上、解雇などの場合は6か月分以上の期間が必要です。

手続は、まず住所地を管轄する公共職業安定所(ハローワーク)に求職の申込を行います。

申込後、7日間の待機期間があり、自己都合退職などの場合は更に3ヶ月間の給付制限期間があり、この期間中は受給できません。

その後、4週間ごとにハローワークに失業していることの証明(失業認定)を受けに行き、認定後に4週間分の給付(この給付を基本手当といいます)がもらえますが、4週間の中で、求職活動を原則2回以上行う必要があります。

求職活動は、ハローワークでの求人データ閲覧や、企業等への面接などが該当します。(新聞折込などの求人広告閲覧だけでは該当しません)

もらえる金額は失業前の給与額や離職理由、離職時の年齢などによって変わりますが、1日当たり最大6~7千円の金額を、90日分~360日分もらうことが出来ます。


ドクタービジョンでは、雇用保険をもらいながらのお仕事探しについてもお手伝いも可能ですので、是非ご相談ください。

⇒常勤の転職支援サービスご登録はこちら
⇒非常勤の転職支援サービスご登録はこちら

キャリアカウンセリングについてへ戻る

さらに解決しない場合には

お問い合わせ

0120-14-5255 受付時間:(平日)9:00~18:00

メールでのお問い合わせ