医師・医療事業者向け お勧めスマートフォンアプリ

ドクタービジョンお勧めのスマートフォンアプリをご紹介

Apple社のiPhone・iPad・iPad2や、Android等のスマートフォンの急速な普及にあたり、医師や医療従事者向けのアプリケーションも充実してまいりました。そこで、ドクタービジョンのお勧めする医師の皆様に便利なアプリや電子書籍をご紹介いたします。無料・有料ございますが、是非ダウンロードしてお試しください。

--- ▼ 医療用スマートフォン向けアプリケーションの情報掲載について推薦受付中! ▼ ---
ドクタービジョンサイトにてご紹介させていただきます!お気軽にご相談ください。

お問い合せはこちらから

  • iphone
  • ipad
  • android

teamLabBody -3D Motion Human Anatomy-

teamLabBody-3D人体解剖学アプリ- ダウンロードページへ

teamLabBody -3D Motion Human Anatomy-

開発元:TEAMLABBODY.inc
価格:2,600円

-対応機種と言語-
※iPad2、新型iPad、iPad4、iPad miniに対応(iPad1には非対応)
※日本語と英語に対応

チームラボと大阪大学の整形外科医である菅本教授が共同開発した「世界で初めて、生きた人間の動き・形態を再現した3D人体解剖学アプリ」です。

世界で初めて、献体とは異なる生きた人間の間接の動きを3Dで再現。骨格の動き・形態を好きな角度・倍率で閲覧できます!

・CTやMRIのデータから忠実に再現された3D人体模型
忠実に再現された全身の筋肉・じん帯・神経・血管・骨が閲覧できます。
総対象部位数は825部位(筋肉:265、じん帯147、神経114、血管180、骨:118)

・全身表示から直感的に操作
全身表示の状態から見たい部分だけを自由に見れるので、非常に理解しやすく、人体解剖の学習・患者様への説明に役立ちます。

・1,000近くの対象部位を即座に検索・表示
検索した部位名を即座に表示し、詳細説明を閲覧できます。

-利用シーン-
teamLabBodyは、医療を学ぶ学生をはじめ、整形外科医・理学療法士・作業療法士・鍼灸師・柔道整復師・トレーナーなど人体と密接に関わる仕事をされる方々に幅広く利用して頂けます。

・実用的な人体解剖学、運動学的知識を習得できます
teamLabBodyは、生きた人間の動き・形態を3Dで閲覧し、詳細説明を読むことができます。人体解剖・運動学的知識の習得に役立ちます。

・臨床(診療・治療計画立案等)や実際の手術計画に役立ちます
整形外科医、理学療法士および作業療法士の方は、臨床(診療・治療計画立案等)に役立たせることができます。 また、筋肉だけでなく、筋肉の後ろにある大事な神経の存在等を簡単に把握できるため、実際の手術計画等にも役立ちます。オフラインで使用できるので、端末機器に清潔処理をすれば、術中活用も可能となります。

・診療の際、患者様に分かりやすく説明できます 操作方法が簡単で、3Dで閲覧でき一般の方にも非常に理解しやすいため、診療時の患者様への説明を分かりやすく行うことができます。

頭と首に特化したteamLabBodyのLite版(85円)はこちらから

iPadスクリーンショット

  • teamLabBody teamLabBody-3D Motion Human Anatomy- の参考画像1
  • teamLabBody teamLabBody-3D Motion Human Anatomy- の参考画像2
  • teamLabBody-3D Motion Human Anatomy- の参考画像3

おしえて!小児用量 2013

おしえて!小児用量 2013 ダウンロードページへ

おしえて!小児用量 2013

開発元:Iyaku-Joho-Kenkyujo,Inc.
価格:3,200円

2013年版にバージョンアップ!
小児用量は、体重ごとの計算や年齢別の投与量に対して成分表記で1日○mgの規定がある為、実際に使用する製剤量について判断が必要になります。

「おしえて!小児用量 2013」では、小児用量にまつわるこのような煩わしさを解消すべく、小児に使われる医薬品の用量参考値を、添付文書の用法・用量欄に準拠し年齢や体重ごとに製剤量単位で教えてくれるアプリです。

薬剤師、小児科医をはじめとした医師、看護師、医学生、医療情報担当者、その他小児と医薬品に関わるプロの方にオススメです。

iPhoneスクリーンショット

  • おしえて!小児用量 2013の参考画像1
  • おしえて!小児用量 2013の参考画像2
  • おしえて!小児用量 2013の参考画像3

PAGE TOPへ戻る

DIC・SIRS診断基準

DIC・SIRS診断基準 ダウンロードページへ

DIC・SIRS診断基準

開発元:ofuna chuo hospital
価格:無料

iPhoneアプリケーション「DIC・SIRS診断基準」では、DICやSIRSのスコアが簡単に算出できます。救急診療の先生方や研修医にとって非常に有用なアプリです!

・厚生省DIC診断基準
・DIC診断基準(松田試案)

iPhoneスクリーンショット

  • DIC・SIRS診断基準の参考画像1
  • DIC・SIRS診断基準の参考画像2
  • DIC・SIRS診断基準の参考画像3

PAGE TOPへ戻る

総合お薬検索 Qlife

総合お薬検索 Qlife ダウンロードページへ

総合お薬検索 QLife - 処方薬 & 市販薬 約17000種を掲載

開発元:QLife. Inc.
価格:無料

iTunes Rewind 2010 医療カテゴリ無料アプリ部門で1位獲得。2010年もっともダウンロードされた無料医療アプリとなりました!

医師から処方される「処方薬」と薬局で買える「市販薬」両方の効果や副作用、保管方法等が写真付きで検索できます!
お薬情報は毎日、追加更新が行われるので、書籍のように古くなったりする事もありません。

iPhoneスクリーンショット

  • 総合お薬検索 Qlifeの参考画像1
  • 総合お薬検索 Qlifeの参考画像2
  • 総合お薬検索 Qlifeの参考画像3

PAGE TOPへ戻る

MedCalc (medical calculator)

MedCalc (medical calculator) ダウンロードページへ

MedCalc (medical calculator)

開発元:Mathias Tschopp & Pascal Pfiffner
価格:85円

170種類以上の公式、スコア、尺度、分類を調べられる 医療計算機。
多くの医療に関わる方が利用しています。

iPhoneスクリーンショット

  • MedCalc (medical calculator)の参考画像1
  • MedCalc (medical calculator)の参考画像2
  • MedCalc (medical calculator)の参考画像3

PAGE TOPへ戻る

iRadiology

iRadiology ダウンロードページへ

iRadiology

開発元:Lieberman's iRadiology
価格:無料

CT画像の読み方を勉強するためのアプリです。
500症例以上の画像を無料で見ることができます。

画像を見て下した診断が正しかったかをチェックして学習するような構造になってます。

iPhoneスクリーンショット

  • iRadiologyの参考画像1
  • iRadiologyの参考画像2
  • iRadiologyの参考画像3

PAGE TOPへ戻る

MediScan

MediScan ダウンロードページへ

MediScan

開発元:ZOO
価格:無料

■バーコードで素早く検索
医薬品のバーコードをカメラにかざすだけで、薬品情報を瞬時に検索。
商品がお手元にない場合でも、JANコードの入力により検索可能です。

iPhoneスクリーンショット

  • MediScanの参考画像1
  • MediScanの参考画像2
  • MediScanの参考画像3

PAGE TOPへ戻る

応急手当

応急手当 ダウンロードページへ

応急手当

開発元:HOKENDOHJINSYA INC.
価格:無料

【外出先のアクシデントの際に大活躍】
自宅や外出先でのケガや急な体調不良などアクシデントの際、救命・応急手当を見れば即座に対応できます。
やけどをしたとき、暑さで倒れたときなど、日常的に起こりうるアクシデントの際の対処法や、救急車が来るまでにできる救急処置の方法を図解入りで、わかりやすく解説しています。

iPhoneスクリーンショット

  • 応急手当の参考画像1
  • 応急手当の参考画像2
  • 応急手当の参考画像3

PAGE TOPへ戻る

AFib Educator

AFib Educator ダウンロードページへ

AFib Educator

開発元:sanofi-aventis U.S. LLC
価格:無料

細かい理屈は抜きにして、とにかくアプリを起動すると心臓のアニメーションが見られます。

正常の心拍動と、心房細動の心臓の動きのアニメーションが入っています。

心房細動を起こした心臓の動きがとてもリアルです。 心房の震えるような動きとか、心臓弁の動きとか、心室の動きとか医療スタッフが見ても納得の完成度です。

外来診療で心房細動に出会った時に、患者さんに具体的な病気のイメージを持って理解していただくために役に立つと思います。

もちろん新人スタッフへの教育にも十分に役に立つと思います。

iPhoneスクリーンショット

  • AFib Educatorの参考画像1
  • AFib Educatorの参考画像2
  • AFib Educatorの参考画像3

PAGE TOPへ戻る

医薬品添付文書 2012

医薬品添付文書 2011 ダウンロードページへ

医薬品添付文書 2012

開発元:Overcyc
価格:2,500円

本製品は、医療用医薬品約15,000品目の添付文書情報を収録しています。6つの条件(商品名/一般名/会社名/警告及び禁忌/効能効果/組成性状)から添付文書情報を検索することができます。商品名/一般名/会社名はひらがな検索に対応しています。

本製品は、製薬会社が作成した添付文書情報をもとに、財団法人日本医薬情報センター(以下、「JAPIC」という)が収集、整備した「JAPIC 医療用医薬品添付文書情報データ」から作成しています。製薬会社において添付文書が改訂された場合、製薬会社の提供情報をもとにJAPICが添付文書情報を改訂し、次いで本製品の情報が改訂されます。

iPhoneスクリーンショット

  • 医薬品添付文書 2012の参考画像1
  • 医薬品添付文書 2012の参考画像2
  • 医薬品添付文書 2012の参考画像3

PAGE TOPへ戻る

お薬手帳

お薬手帳 ダウンロードページへ

お薬手帳

開発元:ObjectGraph LLC
価格:無料

薬剤師の作る、患者さん向けのアプリケーション。

日付を変更できるようになりましたので、過去のお薬手帳も読み込むことができます。

薬局でお薬をもらったときに渡される、お薬手帳に貼る紙。お薬手帳を忘れて困ったときは有りませんか。
そんなときは、iPhoneでお薬手帳の紙を保存しましょう。これで、お薬手帳を忘れる心配がありません。
使い方は簡単。アプリを起動して、写真を撮るだけ。プライバシーが心配な方は、暗証番号機能もついています。

急に病院にかかった。
お薬手帳を持ち歩くのが面倒。
出張、旅行に出かける時に。
いろいろな病院でお薬手帳を貰っているので、たくさんになってしまった。
お薬手帳が何冊にもなってしまった。
家に帰って貼ろうと思うが、いつも忘れてしまう。
介護のために、お薬を管理しているが、出先でもチェックしたい。

そんな方にオススメです。

iPhoneスクリーンショット

  • お薬手帳の参考画像1
  • お薬手帳の参考画像2
  • お薬手帳の参考画像3

PAGE TOPへ戻る

薬品情報

薬品情報 ダウンロードページへ

薬品情報

開発元:Unikaihatsu Software Pvt. Ltd.
価格:無料

添付文章内容を簡略化した医薬品情報を厚生省分類・50音順から簡単な操作で検索・情報表示されるアプリになります。

本ソフトウェアにはすべての医薬品を収載はしておりません。

情報の正確性には努めておりますが、医薬品情報についての内容を完全に保証するものではありません。当ソフトや医薬品情報によって生じた損害についての賠償責任を一切負いません。

iPhoneスクリーンショット

  • 薬品情報の参考画像1
  • 薬品情報の参考画像2

PAGE TOPへ戻る

日本薬局方

日本薬局方 ダウンロードページへ

日本薬局方

開発元:ObjectGraph LLC
価格:無料

薬剤師の作る、医療関係者向けアプリケーション第二弾。
日本の医薬品は、この薬局方の基準に従い、作られています。
また、試験法なども掲載されています。
数万円の書籍を購入することなく、厚生労働省の提供する、第十五改正日本薬局方を、検索、表示します。
目次から、検索結果から、目的のページを探すことが出来ます。

薬学部の授業に、
薬局管理者に、
薬の研究者に、
製薬企業にお勤めの方に、
薬剤師のアクセサリーとして。

薬局開設時の要項である、書類の日本薬局方に代わり、このアプリを使用して申請ができたという報告が入っております。
使用される場合は、まえもって担当の保健所に確認をお願いいたします。

薬剤師、研究者必携のアプリ。

iPhoneスクリーンショット

  • 日本薬局方の参考画像1
  • 日本薬局方の参考画像2
  • 日本薬局方の参考画像3

PAGE TOPへ戻る

医療ファイル共有

医療ファイル共有 ダウンロードページへ

医療ファイル共有

開発元:V-ONE Inc.
価格:無料

医療関係者が、一般の方、医療関係者に向けて情報発信ができます。

病気の説明をしたい時、
薬の飲み方をお教えしたい時、
ご家庭でのリハビリ方法を教えたい時、

いろいろな場所での活用が考えられます。

医療関係者の方は、iPhone,iPadの中にあるファイルをアップロードすることができます。

注意:現在、アップロードされたファイルは、医療関係者、一般の方を含め、このアプリをダウンロードした方、全員が見ることが可能です。全ての方への公開をしたくないといった使い方は、この先機能を追加予定です。

iPhoneスクリーンショット

  • 医療ファイル共有の参考画像1
  • 医療ファイル共有の参考画像2
  • 医療ファイル共有の参考画像3

PAGE TOPへ戻る

Akira Hayasaka

Akira Hayasaka ダウンロードページへ

Akira Hayasaka

開発元:Jake Press Agency Inc.
価格:無料

千葉県、2011年3月31日----東北地方太平洋沖地震による歴史的大災害の影響が続き、一日も早い復興が望まれる日々であるが、その最中でも、新しい試みに取り組む人々がいる。その中の一人が、日本人医師初の医学用個人iPhoneアプリケーション (http://itunes.apple.com/us/app/akira-hayasaka/id421223664?mt=8) を無料提供・公開した医師 早坂章である。このアプリケーションは患者さん、同僚が「早坂章」とコンタクトを保つ手助けになり、健康上の疑問をいつでも彼に投げかけられるものである。

iPhoneスクリーンショット

  • Akira Hayasakaの参考画像1
  • Akira Hayasakaの参考画像2
  • Akira Hayasakaの参考画像3

PAGE TOPへ戻る

※免責・注意事項※

当社では、このホームページに掲載された情報または、このホームページを利用することで生じたいかなるトラブルおよび損失、損害に対して一切責任を負いません。 ご利用者ご自身の判断でご利用ください。